いきなりですが、公式のPUBG推奨パソコンは割高です。

なので、ゲーミングパソコン購入アドバイザーの私が、PUBGにぴったりな新しいスペックのパソコンを独自に推奨します。

ゲーミングパソコンって、よく調べてから買わないと、在庫処理のカモにされるんですよね。

なので、ここで知識をつけてください。

後悔しないゲーミングパソコンの買い方がわかります。

在庫処理のカモとは?

それは、グラフィックボードは最新のGTX1000シリーズなのに、CPUが前世代のi7-7700kを積んでいるパソコンを買ってしまうこと。

最新のCPUはi7-8700kです。間違ってi7-7700k搭載型パソコンを買わないでください。

i7-8700kはi7-7700kより性能が40%アップしています。

だから40%性能がUPしたi7-8700kを選んでください。

それに、メモリがDDR4でなくDDR3だったり・・・

メモリはDDR4を選んでください。

前世代のパーツが組まれているパソコンを買うことは在庫処理のカモにされるということです。

グラボだけ立派なのを積んでいても他が安物や前世代のパーツならせっかくのGTX1000シリーズの力を引き出せません。

そして、いまだにGTX900シリーズ搭載型を売ってるところもあるんですよね。

GTX900シリーズは前世代のパーツで、性能が1000シリーズと比べると、けっこう落ちます。

しかも価格が安くなってるわけではないので、GTX900シリーズを買うメリットはないです。

ここで紹介しているゲーミングパソコンを買うメリット

ここで紹介している当サイトのPUBG推奨PCを手に入れると、あなたはどうなるでしょうか?

このパソコンを手に入れれば、スペック不足のPCを使っていたころに比べて、あなたのスコアはグンと良くなるでしょう。

そして、チームメイトやゲーム仲間から一目おかれたり、尊敬されるでしょうね。

ここで紹介しているPUBG推奨パソコンなら、PUBG以外のゲーム、オーバーウォッチ、ウィッチャー3、BF1、GTA5、FF14など人気ゲームや、最新ゲームもサクサク、スイスイ快適に高画質で遊べます。

VRゲームだって快適でサクサクです。

高性能なので、普段の仕事などにも使えます。このパソコンを使うと生産力があがります。

過去に家電量販店でパソコンを買って後悔した

ところで私がどんな人間かというと、過去にゲーミングパソコンを買おうとして失敗したものです。

今でこそゲーミングパソコン購入アドバイザーとして記事を書いていますが、苦い経験もしています。

13年前の話なんですが、家電量販店で「ゲームが遊べるパソコンが欲しい」と言って、店員さんにすすめられた20万円近くのパソコンを買いました。

しかし・・・

その20万円のパソコンはグラフィックボードのつんでない、「グラボ無しのパソコン」でした。

店員がいうゲームとは何だったんでしょうか?

店員のいうゲームとはオセロや将棋だったんでしょうね・・・

まんまとカモにされました。

ものすごく悔しい思いをしました。

店員さんも悪気があったわけじゃないと思います。

店員さんも私も、あまりにもハードウェアの知識がなさ過ぎたのが原因です。

そんな悔しい経験から、パソコンのハードウェアを研究するようになりました。

それら勉強した知識をここで共有したいと思います。

グラフィックボードの重要性|PUBG推奨PC

このページにたどり着いたあなたなら、グラフィックボード、略してグラボがどれほど重要か知っているかもしれませんね。

しかし、復習の意味も込めてグラボの話をさせてください。

グラボはおもにゲーム画面の描写力に関わる、ゲームをやるなら大事なパーツです。

最新のグラボはGTX1000シリーズです。GTX900シリーズはもう古い前世代のパーツになり下がりました。

■ GTX1030
■ GTX1050
■ GTX1050ti
■ GTX1060-3GB
■ GTX1060-6GB
■ GTX1070
■ GTX1070ti
■ GTX1080
■ GTX1080ti

が販売されています。

数字が大きいGTX1080tiが一番高性能です。
数字が小さいGTX1030がこの中では一番性能が低いです。

さて、あなたのプレイスタイルと予算に合わすなら、どれがいいのでしょうか?

PUBGを快適にサクサク、スイスイ遊ぶならGTX1070ti?それともGTX1080ti?

GTX1000シリーズのグラボを比較・検討

これらのグラボの描写力をベンチマークの結果から比較してみます。

右の3桁の数字がグラボののベンチマークの結果です。
この3桁の数字が大きいほど高性能。

(SLIというのはグラボ2枚刺しのことを言います。
価格がめちゃくちゃ高いし、そこまでのスペックはいらないので無視して大丈夫です。)

これを見ると、

■ GTX1030は「122」
■ GTX1050は「235」
■ GTX1050tiは「257」
■ GTX1060-3GBは「410」
■ GTX1060-6GBは「440」
■ GTX1070は「602」
■ GTX1070tiは「678」
■ GTX1080は「725」
■ GTX1080tiは「922」

というベンチマーク結果になっています。

(GTX1030とGTX1050とGTX1070とGTX1080はコスパが悪いのでここでは言及しません。)

GTX1050ti搭載型のパソコン(ベンチ257)

GTX1050tiはベンチ257以上こえていますね。

これなら最新ゲームが低画質でサクサク遊べます。

お金を節約したい人で、かつ低画質でゲームが楽しめる人におすすめできるパソコンですね。

>>GTX1050ti搭載ゲーミングパソコンを見に行く

GTX1060搭載型パソコン(ベンチ440)

GTX1060はベンチ440を超えています。

これなら最新ゲームを中画質でサクサク楽しめます。

GTX1060はお手頃価格なのに高性能ということでよく売れています。

ドスパラで人気No2のゲーミングパソコンです。
>>GTX1060搭載ゲーミングパソコンを見に行く

GTX1070ti搭載型パソコン(ベンチ678)

ベンチマーク678を超えています。

この数値だとあらゆるゲームがフルHDで高画質にしてもサクサク快適に遊べますね。

4k画質にしてもサクサク楽しめるほどです。

VRだってもちろん遊べます。

GTX1060と同じようにGTX1070tiはコスパがいいので人気です。

人気No1のゲーミングパソコンです。
>>GTX1070ti搭載ゲーミングパソコンを見に行く

GTX1080ti搭載型パソコン(ベンチ922)

あらゆるゲームがヌルヌル快適に遊べるでしょう。

最新ゲームを144Hzで遊びたい人向けです。

144hzはすごくヌルヌル画面が滑らかに動きます。

コスパなどを気にしない人ならこの最上級モデルのパソコンを買うのも良いかと思いますね。

今後出てくるゲームの準備にも最適ですよ。

価格さえ気にしなければ文句の付けどころがないパソコン。

それがGTX1080ti搭載型パソコン

人気No3のゲーミングパソコンです。
>>GTX1080ti搭載ゲーミングパソコンを見に行く

>>公式のPUBG推奨PCの一覧を見に行く

実際のゲーム動画でどれだけ、快適に遊べるか見てみましょう

GTX1050ti vs GTX1060 vs GTX1070 vs GTX1080
最高画質での比較動画です。

本当は1050tiと1060と1070tiと1080tiの比較動画が欲しかったのですが見つかりませんでした。

この動画を参考にしてください。

フル画面の最高画質にして1080p60で見ましょう。

■ GTX1050tiは30~40FPSで少しカクカク動いています。
■ GTX1060は50~70FPSでサクサク動いています。
■ GTX1070は60~90FPSでサクサク~ヌルヌル動いています。
■ GTX1080は90~120FPSとヌルヌル動いています。

■ おそらくGTX1070tiなら70~110FPSで動きます。
■ おそらくGTX1080tiなら110~140FPSで動きます。

あなたのプレイスタイルを基準に、

「GTX1060-3GB」「GTX1060-6GB」「GTX1070ti」「GTX1080ti」

この中の4つのグラボから1つを選んでください。

そしたら、あとはどこのパソコン通販サイトで買うべきか?

PUBG推奨PCはどこのパソコン通販サイトで買えばいい?

20社以上のパソコン専門店を調べてみたところ、最適なパソコン通販サイトを見つけました。

小さい会社も含めると、ゲーミングパソコンを売っている会社は20を超えます。

マウス、サイコム、PC工房、DELLなどなど。

その中から私はドスパラを選びました。

なぜドスパラにしたのでしょうか?

【理由1】直接取引で中間コスト0の割安パソコンが買えるから

それは、コストパフォーマンスがいいから。

ドスパラは製品企画、部品の仕入・輸入、生産、販売、サポートまで自社でやっています。

だから、中間業者を通さないことで中間コスト0に抑えています。

本来なら中間業者に入るはずの手数料が入らないので、そのぶん、私やあなたはドスパラから安くPUBG推奨PCが買えます。

そのほうがお得ですよね。

いわゆる直接取引。だから割安。

仕入れも直接取引

海外・国内を問わず、パソコンパーツ部材メーカーと直接取引を行うことで中間コストを減らしています。

そして、そのドスパラのパソコンをネットを通じて直接取引であなたは買えます。


※サードウェイブとはドスパラの会社で、デジノスはドスパラで販売しているパソコンの総称です。

動画を見ればわかりますが、ドスパラは国内生産で高品質です。

東南アジア産ではないので安心ですね。

【理由2】大手パソコン会社だから

ドスパラはBTOパソコン会社の中ではトップクラスの大手です。

そして、創業1984年と30年以上も続く老舗。

さらに、3年連続で価格.com満足度1位を受賞しています。

もちろん大手なので、intelやマイクロソフトと好条件のパートナーシップを結んでいます。

例えば、

■ intelとは「インテルプラチナパートナーシップ」
■ マイクロソフトとは「マイクロソフトGoldパートナーシップ」
■ AMDとは「AMDプレミアムパートナーシップ」

大手パーツメーカーやOSメーカーと好条件で取引できるわけです。

そのおかげで私やあなたは割安で高性能のゲーミングパソコンが手に入るんです。

【理由3】3年間は、あなたに過失があったとしても修理代がタダだから

■ 「パソコンを移動してたら壊れた・・・」
■ 「お茶をぶちまけて水で壊してしまった・・・」

こんな理由でも3年間は無料で修理してもらえます。

ただし条件があります。それはセーフティサービスに加入すること。

セーフティサービスに加入している間は3年間、無料で修理してもらえます。

他にもセーフティサービスに加入するメリットがあります。

それは、画面共有で無制限リモートサポートをしてもらえること。

あなたは専門用語がわからなくても、口下手でも大丈夫

画面共有でトラブルを解決してくれるので、電話サポートよりも迅速かつ的確にリモートサポートしてもらえます。

あなたの画面を直接、ドスパラのプロのスタッフがリモートで見ながら解決してくれるので、あなたは難しい専門用語など覚える必要はないのです。

電話より楽でスピードも早い。

しかも、そのリモートサポートはセーフティサービスに加入している限り、無制限で受けられます。

さて、この3年間の無料修理と無制限の画面共有サポート。

いくらだと思いますか?

実は月額680円から。

セーフティサービスに加入が月額680円。

安いです。

いつでも解約できるので、あなたの都合でやめれます。

解約料は0円で。メール1本で解約できるのがセーフティサービス。

欠点もある

ただし、欠点があります。

それは、支払い方法の選択肢が少ないことです。

クレカか口座引き落としでしか加入できない。

私はクレカで登録しています。

ドスパラにクレカを登録しても、その情報は直接クレジットカード会社に転送されるので、個人情報も安心ですね。

ドスパラのGTX1000シリーズパソコンの紹介

ここでドスパラのGTX1050ti、GTX1060、GTX1070ti、GTX1080ti搭載型パソコンを紹介させてください。

GTX1050ti搭載のゲーミングパソコン



■ CPU:i7-7700
■ グラボ:GTX1050ti
■ メモリ:8GB
■ SSD:250GB
■ HDD:2TB

価格は14万前後

とにかく安く済ませたい人。

最高画質にこだわらずに、低画質で満足できる人。

そんな人におすすめします。

↓↓どうしてもお金がない人向け(ベンチ257)↓↓
>>GTX1050ti搭載ゲーミングパソコンを見に行く

GTX1060搭載のゲーミングパソコン

■ CPU:i7-8700k (new:i7-7700kと比べて40%性能UP)
■ グラボ:GTX1060 6GB
■ メモリ:8GB
■ SSD:500GB
■ HDD:1TB

価格は16万前後。

このパソコンはPUBG以外のゲームも、オーバーウォッチ、ウィッチャー3、FF14、BF1、GTA5などのゲームも高画質でサクサク遊べます。

ドスパラでよく売れています。

人気No2のゲーミングパソコンです

中設定~高画質でサクサク動かしたい人向け。

↓↓ドスパラ人気No2のゲーミングパソコン(ベンチ440)↓↓
>>GTX1060搭載ゲーミングパソコンを見に行く

GTX1070ti搭載のゲーミングパソコン



■ CPU:i7-8700k(new:i7-7700kと比べて40%性能UP)
■ グラボ:GTX1070ti(new)
■ メモリ:8GB
■ SSD:500GB(無料アップグレード)
■ HDD:1TB

価格は19万前後。

フルHDであらゆるゲームが最高画質で遊べるでしょうね。

VRゲームも、4k画質のゲームも楽しめます。

人気No1のゲーミングパソコンです。

コスパの良いパソコンで、これを選べば間違いなしです。

↓↓これを選べば間違いなし。GTX1070ti搭載ゲーミングパソコン(ベンチ678)↓↓
>>GTX1070ti搭載ゲーミングパソコンを見に行く

GTX1080ti搭載のゲーミングパソコン



■ CPU:i7-8700k (new:i7-7700kと比べて40%性能UP)
■ グラボ:GTX1080ti (new)
■ メモリ:16GB
■ SSD:500GB
■ HDD:3TB

価格は25万前後。

これはコスパが悪いかなと個人的に思います。

GTX1070tiより1.35倍も高性能なんですが、価格は7万円ほど上がってしまいます。

コスパが悪くても最高のものが欲しいならいいんじゃないでしょうか。

人気No3のゲーミングパソコンです。

このパソコンを所有すればスペックランキング上位1%の人間になれるでしょう。

↓↓コスパは気にしない、最高のものが欲しい人へ(ベンチ922)↓↓
>>GTX1080ti搭載ゲーミングパソコンを見に行く

>>公式のPUBG推奨PCの一覧を見に行く

自由にカスタマイズできるので、熱に強いタフなゲーミングパソコンが手に入る

ドスパラはBTOショップなので、自由にパーツをカスタマイズして、注文できます。

自分好みのパソコンが手に入ります。

カスタマイズをおすすめ順で紹介させてください。

予算がないならカスタマイズしないで買っても問題ありません。

予算があるなら、自分好みのパソコンにカスタマイズして注文しよう

カスタマイズしようといわれても、何をどうすればいいかわかりにくいですよね。

そこでゲーミングパソコン購入アドバイザーの私にアドバイスさせてください。

まずはメモリです。

カスタマイズの方法は、

この【構成内容を変更してカートに入れる】をクリックします。

【おすすめのカスタマイズ1】メモリを8GBから16GBに

GTX1060、1070ti搭載型のパソコンのメモリは標準で8GBしか積んでいません。

これだとマルチタスク、例えばゲームをやりながら、友達とスカイプでしゃべり、裏で動画編集の作業をするなどがきついです。

だから、そういったマルチタスクをするなら16GBにパワーアップしましょう。

約1万円前後で8GBから16GBにできるのでお得です。

そんなに金銭的な負担にはなりませんよね。

この画像を参考に16GBに変更してみましょう。

【おすすめのカスタマイズ2】日本製コンデンサの電源に変更

質の良い電源を積めば、熱による劣化がすくなく長持ちします。

つまり電源を変えればゲーミングパソコンがタフになるということ

おすすめはこの、Enhance 800W 静音電源 (80PLUS TITANIUM / ATX-1880)です。

少し技術的な話になりますが、日本製コンデンサ105℃なので、熱による劣化も少なく、長持ちする電源です。

パソコンをつけっぱなしにする人はカスタマイズしたほうがいいです。

パソコンの寿命がのびます。

ちなみに電源のグレードには、ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナ、チタニウムとありますが、この電源は最高グレードのチタニウムです。

【おすすめカスタマイズ3】CPUの冷却性能アップで安定動作

最後におすすめするカスタマイズはCPUファンとCPUグリスです。

今ならCPUファンはすでに大型の静音ファンにアップグレードしています。

なのでCPUファンはカスタマイズしなくていいです。

このCPUファン大型化とCPUナノダイヤモンドグリスで、ドスパラのゲーミングパソコンはおよそCPUの温度を11℃下げることに成功しました。

CPUは演算処理をすればするほど熱を持ちます。

そして熱くなりすぎると一時的に性能をダウンさせることがあります。

性能ダウンさせたくない、または動作を安定させたいならぜひ、CPUグリスのナノダイヤモンドを追加してください。

CPUグリスはナノダイヤモンドグリスで。

モニタを持っていないならBenQブランドを買いましょう

本体選びとカスタマイズはこれでいいとして、モニタ選びで迷うと思うのでゲーム用のおすすめモニタを紹介します。

モニタ選びは大事です。

ノートや一体型パソコンとタワー型ゲーミングパソコンの違いでもあります。

しかし種類が多いです・・・。

でも大丈夫。

プロゲーマーが使ってるブランドがあるので、それと同じものを買えばいいのです。

そのブランドが「BenQ」のモニタです。

ノングレアで目にも優しいものです。

性能は・・・

BenQ ZOWIE RL2455 (24インチ)ドスパラ限定モデルが60hz
BenQ ZOWIE XL2430 (24インチ)ドスパラオリジナル が144hzです。

60Hzは1秒間に60の画像がパラパラしてる感じです。

144Hzというのはパラパラ漫画で例えるなら1秒間に144枚パラパラしてる感じです。

つまり通常のモニタの2倍以上なめらかに動きます。

だからFPSやアクションゲームで圧倒的に差をつけれるんです。

144hzを体験したあとに60hzのモニタでゲームをやると遅く感じるほどです。

FPSガチ勢ならZOWIE XL2430 (24インチ)で約3万
FPSやらないなら60hzのZOWIE RL2455 (24インチ)で約2万円

モニタを持っていないならこの2種類から選びましょう。

まとめると

友達とスカイプチャットをやりながらゲームをするなど、同時に複数のソフトを動かす人はメモリを8GBから16GBにアップグレードしてください。

カスタマイズの中で最優先事項です。

次は電源。

これを日本製コンデンサのチタン電源に変えることでパソコンの長寿命化を目指しましょう。

ゲーミングパソコンつけっぱの人はぜひ替えてください。

最後にCPUの冷却性能アップです。

これをカスタマイズすれば、熱による性能ダウンを防げますし、安定動作につながります。

予算がないなら、せめてメモリだけでもカスタマイズしたいところです。

どうしても無理だったり、カスタマイズが面倒なら、そのまま買うのもありです。

↓↓どうしてもお金がない人向け(ベンチ257)↓↓
>>GTX1050ti搭載ゲーミングパソコンを見に行く

↓↓人気NO2のゲーミングパソコン(ベンチ440)↓↓
>>GTX1060搭載ゲーミングパソコンを見に行く

↓↓これを選べば間違いなし。人気NO1のGTX1070ti搭載ゲーミングパソコン(ベンチ678)↓↓
>>GTX1070ti搭載ゲーミングパソコンを見に行く

↓↓コスパは気にしない、最高のものが欲しい人へ。人気NO3ゲーミングパソコン(ベンチ922)↓↓
>>GTX1080ti搭載ゲーミングパソコンを見に行く

>>公式のPUBG推奨PCの一覧を見に行く

購入は簡単です。

カスタマイズする人は【構成内容を変更してカートに入れる】をクリックして、自分好みにカスタマイズ。

カスタマイズしない人は、【変更せずカートに入れる】をクリック。

セーフティサービスに加入するのであれば、延長保証はいりません。

セーフティーサービスに加入している限り、3年間は自然故障も物損故障も無料で修理してもらえるので、延長保証はいらないと思います。

セーフティサービスは月額680円からです。

いつでも解約できて、解約料も0円。メール1本で解約できるので安心です。

クレカ払いでもクレカ情報はドスパラに残らずに直接クレジットカード会社に転送されるので安心です。

送り先住所の入力

続いて住所入力です。

そして、最後に支払い方法を選びます。

クレカ払い、口座引き落とし、コンビニ支払い、代引きと支払い方法がたくさんあるので、自分にあった方法で支払いましょう。

あとは1~3日待つだけです。

配達員のお兄さんが届けてくれたら、安全な場所でゲーミングパソコンを段ボールから取り出しましょう。

重さ約14㎏と重たいので気を付けてください。

高性能だから重たいし大きいのです。

その大きさが高性能の証です。

そしたら、コンセント、キーボード、マウス、モニター、インターネットをつなげるだけです。

ちなみにドスパラオリジナルのゲーミングキーボードとゲーミングマウスは無料でついてくるので買わなくでも大丈夫です。

必要なのはモニタだけです。

もし、有線のLANケーブルを使わずに、wifiで使うなら、無線子機も買いましょう。

Amazonで買うのも、近くの家電量販店で買うのもありです。

届いてから5分~10分後には使えてるでしょう。

OSはインストール済みなので難しい設定は何もありません。

すぐに届くし、設置してすぐに使えます。

今すぐ買ったほうがいい理由

とGTX1070ti搭載型ゲーミングパソコンは今ならキャンペーン中です。

キャンペーン中でSSD500GBが追加アップグレードになっています。

SSD500GBにOSをいれて届けてくれるので、パソコンの起動もはやいです。

SSD500GBの中にゲームをインストールすれば、ゲームの起動時間やマップ読み込みのローディング時間も大幅に短縮します。

ぜひキャンペーンが終わる前に買いましょう。

GTX1070ti搭載型ゲーミングパソコンです。

↓↓キャンペーンが時間差で終了しているかもしれないので、確認しましょう↓↓
>>GTX1070ti搭載ゲーミングパソコンを見に行く

カスタマイズ画面のSSDのところを見るとキャンペーン中かどうか分かります。

↓↓コスパを気にしないならGTX1080ti搭載のゲーミングパソコンにしましょう↓↓
>>GTX1080ti搭載ゲーミングパソコンを見に行く

ゲーミングPCを買った人の声|ユザーレビュー

ドスパラに届いている購入者の声を一部抜粋しました。

GTX1050ti搭載ゲーミングパソコンを買った人の声

購入者の声購入者の声

昔やっていたゲームに復帰したくて購入。そのためグラボは妥協しました。しかし、将来的に最新ゲームをする可能性を考えてCPU・電源・メモリは足を引っ張らないくらいのものにしました。PC購入は7年ぶりですが、時代の流れを物凄く感じますね。

↓↓どうしてもお金がない人向け(ベンチ257)↓↓
>>GTX1050ti搭載ゲーミングパソコンを見に行く

GTX1060搭載ゲーミングパソコンを買った人の声

購入者の声購入者の声

使い始めて一週間以上経ちましたが、問題なく動作しています。 いくつかの口コミを見て、少し不安もありましたが、全てのゲームが最高画質でも動き、 パーツの問題も無かったのでとても満足しています。 キャンペーン期間で、CPUとSSDともに無料アップグレートでしたので、その点についてもおススメできます。 サイズにはかなりの大きさで迫力があり、届いたときは驚いてしました… どんなゲームでもサクサクやってみたい!そんな願いを叶えてくれたPCです。

購入者の声購入者の声

届くのが早い! そして、本体が思っていたより大きくて圧倒されました(笑) 何をしてもサクサク動きます。動作についてはは言うことなしです!

↓↓ドスパラ人気No2のGTX1060搭載ゲーミングパソコン(ベンチ440)↓↓
>>GTX1060搭載ゲーミングパソコンを見に行く

GTX1070ti搭載ゲーミングパソコンを買った人の声

購入者の声購入者の声

PUBGブームにのりたくて購入しました。 ウルトラ設定でも問題なく動くし、ウルトラワイドモニターでもさくさく動きました。 CPUクーラーは簡易水冷?のプションにしたおかげか、ファンの騒音は全く気になりません。 SSDのおかげでOSの起動も激速ですし、どうせ買うならオーバースペックPCの方が長持ちするしトータルコストで安くすむのではないでしょうか。 イニシャルコストとして21万ほどかかりましたが満足しています。 PCケースの側面をアクリルにすればよかったなと後悔してます(´;ω;`)

購入者の声購入者の声

PUBGを快適にやりたくて今回購入を決めました。 音はカスタムしていたからなのかわからないですけど、とても静かで全く気になりませんでした。 ただ、本体が思っていたより大きかったのにはビックリしましたね。 今回購入を決めてよかったと思っています。

↓↓これを選べば間違いなし。人気No1のGTX1070ti搭載ゲーミングパソコン(ベンチ678)↓↓
>>GTX1070ti搭載ゲーミングパソコンを見に行く

GTX1080ti搭載ゲーミングパソコンを買った人の声

購入者の声購入者の声

5年前から使ってるpcから乗り換え SSDになって、起動まで数秒で起動します 今ならHDDの2テラから3テラのアップグレードがあるので安心です グラボもゲームのPUBGのグラフィック設定をウルトラにしても ヌルヌル動きます ファンが多少音が大きめですがヘッドフォンをしているので気になりません 少し奮発しましたが良い買い物でした

購入者の声購入者の声

起動、シャットダウンは10秒程度で感動しました。ゲームはFF14とPUBGをプレイしていますが、非常にヌルヌフサクサクでストレスが溜まらなくて良いです。FF14のベンチマークは全て高品質設定で13000越えと非常に快適、でした。

↓↓コスパは気にしない、最高のものが欲しい人へ。人気No3のゲーミングパソコン(ベンチ922)↓↓
>>GTX1080ti搭載ゲーミングパソコンを見に行く

>>公式のPUBG推奨PCの一覧を見に行く

PS:ドスパラなら、ゲーミングキーボードとゲーミングマウスも無料でついてきます。別で買わなくても大丈夫です。必要なのはモニタだけです。

PPS:ドスパラは中間業者を通していません。つまり、私たちはドスパラと直接取引しているわけです。これが安さの秘密です。

PPPS:ドスパラは3年連続、価格.comでランキング1位をとってます。

PPPPS:ドスパラのパソコンは難しい設定がなく、届いたら電源などケーブルをつなげるだけですぐに使えます。さらに月額680円払えば3年間は無料で0円で修理してもらえます。ちなみに無制限の無料リモートサービスも受けられます。